息子、転倒。


息子、転倒。

息子、転倒。

いいお天気。

小さな子どもたちが外で遊んでいます。

面倒見のいいわが子たちを誘いに来てくれたので、一緒に外に出ました。

子どものお母さんたちが何人か出てきていたので、下でしばしおしゃべり。

すると、小さい子の一人が「あのね~、おにいちゃんがこけてるよ~」と教えてくれました。

こけたかぁ・・・しばらくしても声が聞こえないので、あ、これは本当に力いっぱいこけて泣いてるな、と直感。

そっと見に行ってみると、思った通り倒れています。

現場を見るに、キックボードでこけたようですね。

手と顎、そして膝を擦りむいたようです。

ついでに言えば、どうも手首が痛い様子。

前もこけてきれいに骨が折れたわが息子、今回も折れたかな・・・。

そんなことを考えながら見ていると、小さい子が寄ってきて、血を見てとても心配そうに「いたいね~、いたいね~」とつぶやいています。

そして、かわいいことに怪我のところにふーっと息を吹きかけて治そうとしてくれています。

何とかそれに反応して息子も立ち上がりました。

家に連れて帰って怪我の様子を見ると、やはり手首が痛いようです。

しかし、残念ながら本日の午後は病院は休診です。

それに、一番痛い時に手を開いて、など言われてレントゲンを撮るのが大変なのもわかっています。

ので、一応本日は湿布を貼って、明日の朝一番で病院に行くことにしました。

ただの捻挫か骨折かはわかりませんが、特に骨が飛び出している感じもないので動かさなければむしろ安全と思われます。

前回骨折した時も翌日の朝一番だったんだよね~。

その方が痛みも多少治まるようなんですよ。

それにしても、捻挫程度で終わってくれているといいけれど。

また骨折だったらお世話が大変なんですよね・・・今日は神様に祈っておこう。

神戸でお見合いパーティー

忘れ物~!

先日、義父母が娘の中学入学祝を届けがてら、遊びに来てくれていました。

残念ながら狭い社宅なので泊まってもらう事はできず、近くにあるホテルをとって宿泊してもらいました。

出不精な義父はおうちで留守番、義母と私たち一家の5人でいろいろな観光地を巡り、お土産もいろいろなところで購入しました。

桃が特産の所では桃をたっぷり使った桃のブッセや桃のわらびもち。

面白いマヨネーズがたくさんあるところでは梅やわさびを使ったマヨネーズを買い。

それとは別に、お祝いをくれていた義弟夫婦にもお土産を持って行ってもらいました。

娘が3人いるおうちなので、やっぱりお菓子がいいかな、と思い、チューリップがパッケージに載ったスティックタイプのマドレーヌや小型のおまんじゅうなど。

お土産屋さんを巡るってなんて楽しいのでしょうね。

私はとにかくお土産屋さんが好きなので、長崎や京都などの観光地に行くとついつい片っ端から寄りたくなるタイプです(笑)

人を連れていると堂々と道の駅に次々寄れるので嬉しいです。

そしてホテルに入る前に、先に荷物を動かしておこうということで、汲んできた銘水やお土産をうちの車から義父母の車に移しました。

そして翌日、高速のインターまで同行して見送ったのですが、帰宅してから電話がかかってきました。

「あのねぇ、お土産の紙袋が1つ見つからないんだけど。」

それを旦那さんに伝えると、あぁ、そういえば後ろに積んでたものがあったような気がする、と。

私はそれに関与していないので知らなかったんですね~。

トランクを見ると、確かに一番大きな紙袋がそこにちょこんと乗っています。

幸い生ものはなかったので、そのままクロネコヤマトさんに駆け込んで送ってもらったのでした。

やっぱり最後の最後まで確認は必要ですね。