フレーバーコーヒーを飲んでみよう。


フレーバーコーヒーを飲んでみよう。

フレーバーコーヒーを飲んでみよう。

私が初めて飲んだフレーバーコーヒーは、ライオンコーヒー。

色々なことでかなり落ち込んでいた時に、学生時代の友達で、ママ友にもなった友人がお茶に誘ってくれて、家の近くにあったカントリー調のカフェに初めて連れて行ってくれた時に飲んだものです。

正直経済的にもかなり厳しい状態だったのですが、ほんの数百円でこんなにも気持ちが楽に優雅になれるんだ、と思ったのを覚えています。

それ以来、フレーバーコーヒーという存在が気になって仕方ありません。

元々コーヒーは好きだったのですが、こだわりが特にないのでその時一番安いものを購入して飲んでいました。

が、何かのきっかけで楽天市場に出ているフレーバーコーヒーのお店を見つけたのです。

種類がとても多く、その中で何種類かを選び、注文してみました。

届いたものをさっそく旦那さんと楽しんでみます。

ナッツを使ったものが多かったですが、その中にストロベリーチョコレートというフレーバーがありました。

これがね、飲んでみるとあのアポロにそっくりな風味だったんです。

もちろん甘さはないのですが、いい香りになんだかすごく満足します。

その後も2度ほど購入して、それからご無沙汰しておりました。

しばらくしてまた買おうと思ったら、なんとお店がなくなっていました、ショック!

ストロベリーチョコレートは珍しい物だったので、他のお店では見つかりません。

それ以来、長いことフレーバーコーヒーから離れていました。

が、先日、旦那さんが「最近そういうのはないの?」と私に聞いてきたので、気を取り直して探してみました。

残念ながらストロベリーはなかったですが、また新たなお店の新たなフレーバーを発見してしまいました。

さっそくお試しセットを注文です。

届いたらまた堪能してご紹介してみたいと思います。

セルシオ

できちゃったにモノ申したい奥様。

先日、社宅周りの草取りがありました。

うちの社宅は月に一回、全員参加の草取りがあるのです。

ただ、風が強い中の掃除だったので、イマイチ意味をなさないよねと言いつつでしたが。

草取りをしながらお話をするのも、実は欠かせない奥様同士のコミュニケーションなわけです。

これで以外に仲良くなれるんですよね。

私は自分と同じ年の人よりも、年上の奥様と話すのが好きなのです。

だから、いわゆる上司の奥様としゃべっていることが多いのですが、今回はこの間の家族歓迎会での某若者の発言にいきり立っていた奥様とおしゃべり。

どうしてもできちゃった結婚に際して「結婚するしかなくなりました」と発言したのが気に入らない様子。

「年頃の娘を持つ親としては、もし娘があんなのを連れて来たら気分悪いじゃない?」

うんうん、そりゃそうです。

仕方なく結婚してもらうくらいならしなくていい~!って言いたくなりますよね。

でもよくよく話を聞くと、いわゆるできちゃった結婚に対して言いたいことがあるようです。

この頃の若い人は順序が違いすぎる、と。

芸能人とかもできちゃったが多いから、一般の若者もそれでいいと思うんじゃなかろうかと言っていました。

そして、絶対にわが娘はそんなことをさせないし、許さない!と。

それを聞きながら、わが娘のことを考えました。

最近では高校生でも聞くことがあるといいます。

そして、ドラマでも14歳の母というのがあったように、若年妊娠って他人事ではないんですよね。

きちんとそういう所は教育しておかなければ、と身が引き締まる思いがしました。

娘も中学生、いつの間にか彼氏を作ってしまうかもしれません。

彼氏が出来たらちゃんと紹介するように伝えておこうと思っています。